2016年5月 8日 (日)

Viva Svizzer 2

まずは城からの眺め

Photo_2

Photo_3

Photo_4

演技しているときは 記録がありません

Photo_5

公演が成功happy01 

記念撮影をしましょう、と ほっとして緊張が解けている背中

Photo_6

お昼は お城のテラスで。香ばしい鶏delicious 飲酒しない席に

座ったので 酒無し。でも 水もおいしかった。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

テキーラのような風味です。名前を教わったが 忘れた。

口の中の油っぽさを 緩和する効果があります。

レストランのテラスからも 山々

Photo_10

お城の中の資料室などを説明してくださった日本人ガイドさん。

ヴィスコンティ家の かかわりを興味深くききました。

今回、ジャパンまつりのためにOさんがご尽力くださり、

このカステルグランデから市内の観光を唯一の日本人ガイドさんが

してくださいました。

教会の内部もみました。

Photo_11

2

このあと、ホテルで着かえて

ロカルノ映画祭で おなじみの ロカルノへ行きました。

口上にも登場したMadonna del sasso に。

ロカルノは 高級別荘地。添乗員さんの感想は

箱根sign02 

鉄道利用で観光が可能な良い町です。

9時30分の電車でBellinzona へ。明日は、ジャパンまつり (*゚▽゚)ノ

わたしの画像記録は翌々日、

Zermatt 近くのTasch への移動のバス内からの絵になります。

峠のレストランや楽しいことがいっぱいありました。が

ホテル テッシャーホフの ベッドメイクは

まくらが マッターホルン sign03

Hotel_tascherhof

ここで2泊して、ジュネーブへ。

泊まったホテルは フランスにありました。

Novotel Gen e ve A eroport France

ノボテル ジュネーブ エアポート フランス

2_2

入室したら、!!(゚ロ゚屮)屮 ダブルの部屋・・・だったが、

ベッドの横のソファーを引っ張り出して 御覧の ベッドができあがり。

山のホテルと比べると 明るくて広くて

Dsc01186

Ticino州の おみやげ

Photo_13

毎朝 食べました。 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

1か月も スイスに行っていた・・・ のではないです。

記事のアップに 労力が (というか気力)が集中できませんで、

今頃に。

マッターホルンでも 楽しい写真が撮れていますが

それを取り込んでUPする方法が 不明。

次回は 

Emirates 機内の は映画鑑賞の記録

2016年5月 7日 (土)

Viva Svizzer 1

4月7日 成田22時発 エミレーツ航空で旅立ち。

4人並びの内側席。

ドバイ乗り継ぎ 待ち時間 5時間

Emirates 航空のミールクーポンで

Photo_4

エビのプレート

絵葉書書いたり、免税店のぞいて・・・

ようやく ミラノ行き

Photo_5

エアバスA380

離陸が上手い。

はじめてのエアバス。

約6時間半でミラノ。

Photo_7

マルペンサ空港からはバスでスイスへ。

コモ湖を

Photo_8

約1時間半で

Photo_9

目的地 Bellinzona。 ホテルまでは渋滞 ・・・

Hotel

チェックイン

Photo_10

カバンを部屋にいれて、でも部屋に落ち着くconfident こともなく  買い物に。

パフォーマンス予定の世界遺産の城を happy01

Photo_11

夕食は ホテルのレストランで。

Photo_12

デカンタの赤ワインを注文して

Photo_13

記憶にない ↑ の ごはん?またまたエビだけど delicious

Photo_14

Photo_15

やっと 休めます・・と いうわけにはいかないで、 

スイスイタリア語圏での公演用に 作られた

イタリア語の 口上での 稽古。Nさんの部屋で。

ケンカすることもなく 平穏に予定通り稽古終了。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夜が 明けて 昨日の平穏をひきずることもなく、

世界遺産のお城まで朝市で賑わう街中を行きます。

1

0

Gato

Photo_16

教会の横の細い道を行くと二つ目の世界遺産の城

モンテベッロ城へ。3つ目はサッソ・コルバロ城

この翌日にいきました。

Photo_17

トウモロコシ粉のダンゴ をつくり 販売する朝市の現場。

「ポレンタ」という 。この夜、ロカルノで夕食に食べた。

Photo_18

Photo_19

市庁舎の中庭ではコンサートが

1年前から予約をしなければ借りられないそうです。

Oさんが荒天の場合、お城の芝生での公演ができないので、

こちらも当たってくれたのですが。

Photo_20

Photo_21

市章?は ヘビです。??

Photo_22

防壁の かたちが 丸とツバメの2種類。ツバメは教皇派を意味する。

Photo_23

町のどこからも城がみえる。

Photo_24

お酒かしら? burraja イタリア語なのか?

Polizia

警察や清掃車で街の中は 安心安全きれい

Photo_25

通りでボール投げのゲームに参加して、銀行の袋をもらった。

Photo

その袋は マッターホルンへ玉すだれを持ってゆくときに利用しました。

いよいよ世界遺産の城へ 入城です。

Photo_26

エレベーターが岩の中に 隠れるようにつくられています。

Dsc01178

いよいよ happy01 

次回をおたのしみに 

2015年11月 4日 (水)

岸辺の旅

10月12日 鑑賞テアトル新宿

黒沢清 監督

第68回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門 監督賞

行方不明の夫が死んで、ある日幽霊?で戻ってくる。新聞の批評氏が 

浅野忠信が「死人です」と そこにいるのがどうも・・・

原作小説には泣けても映画には泣けないと。

その記事をみたから、 、どんなもんかしら?と

興味がわいた。そして鑑賞。泣けなかったが、

鑑賞後は すっきり気分。

原作小説を読もうとは思わなかった。

ショーシャンクの空

9月27日鑑賞 午前10時の映画祭

監督 フランク・タラボン

20年前に初公開。みたくてみたくて・・やっと見たhappy01

よかったア。

ティム・ロビンス演じる主人公は20年服役していたんだ。

20年。

2015年9月21日 (月)

人生スイッチ

2015年8月22日鑑賞

ヒューマントラストシネマ有楽町

ペドロ・アルモドバル プロデュース。

見そびれると永遠に見ない映画。

アルゼンチンのダミアン・ジフロン監督

原題  RELATOS SALVAJES

        直訳 野生の履歴

1飛行機の乗客全員がある男にかかわっていて、

その男に乗っ取られた飛行機が

彼の親の家めがけて・・・・

2親の仇が勤め先のレストランの客に。事情を知った店主は

毒殺をすすめる

3よろよろ走るボロ車に毒づき、その後エンスト。ボロ車の

運転手と新車の運転手の死闘。 

4ビル解体の爆破技術者が 駐禁取り締まりに

たてつく。父親を避けていた娘の愛もとりもどす。

5父親の車で死亡事故を起こした息子の後始末。

身代わりの使用人は 亡くなった妊婦の夫に殴られる?

6派手な結婚披露宴で花婿の浮気相手の存在をしり

花嫁が復讐する。ラテンのためらいのない、お仕置きはみもの

1か月たっても思い出せるが、

「この国の空」の前に見た映画は 何だっけ?

と 印象はうすかった。おもしろかったけど、日本人のわたしの心に

響く余韻にはならなかったようだ。

この国の空

2015年8月26日鑑賞

立川シネマシティ

荒井晴彦 監督

この名前に誘われて見た作品。

監督が雑誌で語っていたあれこれが

わたしの映画鑑賞歴と重なり興味がわきました。

「共喰い」で原作者もうなったという

ラストの描写も力強かった。ぞ、と。

「この国の空」

原作がありました。高井有一作 この国の空

二階堂ふみ主演

映画にいっぱいでているが、TVの茶々が

悪すぎて イメージ悪かった。でも

見直した。

頑張ったね。

雑誌ではラストに興味を引き付ける記述が多かったが、

・・・・

彼女は妊娠したのだ、と 推理したのは私だけ。

そのほうが 戦い方に幅がでるし、彼女は優位に立てる。

心が叫びたがっているんだ。

2015年9月21日 鑑賞

「ショーシャンクの空」に遅刻したので

こちらになった。

雑誌の特集にもなって、販促のミニ本もみていたので。

なかなか良かった。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

を見てみたい。

映画館に足を運んだのは久しぶりだけど、

高校生くらいの人々が席を埋めていた。

大勢

ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢

の時は切符売りの店員に念をおされた。

「こちらはアニメですけど。」

きょうは

「ショーシャンクの空 」見そびれた私を覚えていてくれて、

買ったあとだけど、案内の人が

「こちらはアニメですが」と。

confident

2015年8月14日 (金)

広島 岡山

2015年8月4日から6日

2015_8_4_2

Photo

2

8_4

_mazda

Photo_3

Photo_4

Photo_5

 

Photo_6

Dsc01007

Dsc01008

Dsc01009

Dsc01011

Dsc01012

Dsc01013

Dsc01014

Dsc01015

Photo_7

Dsc01027

Dsc01021

Dsc01022

Dsc01023

Dsc01029

2015年8月 3日 (月)

女神は二度微笑む

7月26日 鑑賞 下高井戸シネマ

スジョイ・ゴーシュ 監督

ビディヤ・バラン  主演

インド映画です。

大都市 コルカタ って 「カルカッタ」のことでした。

文句なしの 娯楽サスペンス映画。

「ユージュアル・サスペクツ 」 を 思い出させる。

ってことは・・・・

お楽しみください。

» 続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと

7月18日 鑑賞 ヒューマントラストシネマ有楽町

猛暑を忘れさせてくれるか?と ワクワクしていたけど、

かみ合わない会話が だらだらと続いて・・・・

ラストシーンがあって 良かった。

「歯」問題をかかえている私は 電動歯ブラシ

のシーンが繰り返され、スウェーデンでの普及率は

どのくらいかしら、スポンサー協力があるのネ。

«アリスのままで